スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の包装について

2012.08.04.02:14

アメリカから日本に帰国し。8月2日に自転車が届いた。
ダンボールを開け自転車を組み立てた。問題はなかった。
「お帰りなさい」 一緒に走ってきた自転車は日本に無事に帰ってこれたのだ。

これからも走ることになるだろう。
一般から見れば安価な量産型自転車だが、私は大切にしていきたい。





私は海外旅行の経験もなく、自転車の知識も乏しい。
そんな素人が自転車を飛行機に乗せて運ぶという行為は出発と帰国時の包装は難所。
ネットでは簡単に書いてあるが、初心者の私には簡単ではない。





これから書くことは、慣れてる人から見れば馬鹿げてるかもしれないが、
初めての人は自転車包装は本当に不安だ、その不安を少しでも減らすためのことを書くことにする。

包装の仕方の技術的なハンドル、前輪の外し方、タイヤの空気を抜くなど、そういうのは先人のブログに詳細がかいてあるので記載しない。

かなり長いので、読むのがだるいかもしれない。






出国の時はこちらに書いてあるとおり。

5月11日 自転車包装

素人の私はアメリカに自転車が到着して組み立て不具合があってはならない。
自分で修理できる範囲ならアンラッキー。
自転車屋にかけこまないといけない状態なら、相当の時間のロスになるだろう。
走行できない状態だったらお手上げだ。

トラブルが少ない前輪だけを外した状態で包装する方法を選ぶのが無難。

そして出国時の包装は出来るだけケチらない、重量オーバーで超過料金が発生しても、自分が納得するまで箱と自転車の間に隙間がないぐらいプチプチを詰め込む。
もったいないけどかなり安心だとおもう。




前輪を外したフォークは、強烈にモロイので必ず物を噛ませてたあと、これでもかというぐらいプチプチを巻いておこう。

後輪の変速機部分は、横からの圧にもろい。

ここで素人と玄人との差が出る部分なのだが、玄人は変速機部分を一度取り外し包装する。
だが、素人はそんなことできない。もとにもどせないかもしれないという不安もあるし、
自分で戻せなかったら自転車屋にいかなければいけない。

だから私は サランラップの芯をダンボールの横幅に合わし切断し横からの圧をすこでも抑えるためにつっかえ棒のように取り付けた。
あとはダンボールの外装を透明のビニールテープでぐるぐる巻きにしよう。ダンボールが破けにくくなる。
箱の側面に油性ペンで 「BICYCEL」「↑UP」「↑THIS SIDE UP」を側面にでかく書こう。


自転車空綸の事故で発生しやすいのは車輪の骨組み(スポーク)という細い金属棒の折れ。
後輪変速機の取り付け部分、アルミでできている金属部分(ディレイラーハンガー)の歪み。
前後キャリアの歪み。(アルミ製は曲がるともとにもどせないので購入は避けよう。)


スポークとハンガーはつぶれていても走行可能なのだが、必ず修理しないとまともに走れない。
スポークは自転車の種類によって太さや長さが違うし、
ディレイラーハンガーは自転車によって形がさまざまで自転車屋に持っていっても在庫は皆無に等しく部品発注になる。

事前に日本に居る間に自転車屋に行き発注してもらい、一緒に持っていくのが安心だろう。
ディレイラーハンガーはメーカー発注がほとんどなので2,3週間はかかる。早めに入手しおこう。



スポークは20円?ぐらいで売ってもらえる。3本ぐらいもっていれば安心かな。
一本折れたら必ず他のスポークも折れだすので必ず自転車屋でとりつけてもらったほうが安心だろう。
専門用語になるのだけど多少のブレ取りが出来ないと、自分で取り付けても直ぐに折れる。
素人が自分で取り付けるのは応急処置にすぎないのだ。



ディレイラーハンガーは種類によってちがうが3000円ぐらい。
こいつは自分で取り付けるときは部品がアルミでできてるので取り付けネジを軽い力でまわせば
どんな方向だろうが簡単にネジが入っていくので注意。

ゆっくり慎重にネジをまっすぐ差しこまなければいけない。
アメリカ滞在時は失敗はゆるされないので自転車屋でやってもらおう。

スポーク、ディレイラーハンガーどちらも軽い物なので、持っていくほうが安心だとおもう。
取り外したキャリアのネジなどは自転車のキャリア取り付け部分につけて直しておけば無くならない。

DVC00013.jpg

外したキャリアは、こんな感じでフレームにまたがせる。





ダンボールのサイズなのだが 

私の自転車は通常のクロスバイクよりフレームサイズが大きいようで
最初に自転車屋でもらってきたダンボールは入らなかった。2度手間になってしまった。
長さ133X横20cmX高さ70cmぐらいの箱に
前輪を外した状態の自転車とテント、寝袋、エアマット、前後キャリアが入った。目安にして欲しい。

自転車屋でダンボールをもらうときはメジャーを持っていくのを勧めます。
ダンボール箱の横にフレームサイズや車輪の大きさなどが記載されたシールが貼ったままになってるので
それを確認してもらってくるもありだとおもう。

めんどくさかったら、29インチサイズの自転車の箱をもらおう、ほぼどんな自転車も入る。











帰国の場合、これが自転車アメリカ横断での最後の難所。是非クリアーしたいところ。


まずダンボール(バイクボックス)について
大韓航空で電話で確認したら大韓航空ではバイクボックスは取り扱っていないと返事だった。
もしかしたら他のターミナルや航空会社ではあるのかもしれない。

一番確実にダンボールを手に入れるのは自転車屋に行くこと。
しかし、いつもダンボールがおいてあるわけでもないし、サイズがあわないかもしれない。
何件かまわることを考えて、探しに行く日は日曜日は避けよう。日曜は店は閉まっている可能性が高い。

私がバイクボックスを入手したのはJFKエアポートから16キロ手前ぐらいの自転車屋。
自分の自転車にサイズがあう箱があるなら10ドルでも20ドルでも金がかかろうが即入手すべき。

アメリカ69日目の日記をみてもらえば自転車屋の地図を載せています。


プリーズ ギブミー バイクボックス で通じる。
私は英語ができないので、他に良い言い方があるかもしれないが、これでもらうことが出来た。
あとは安いテープ3巻ぐらいと油性ペンを購入する。99セントショップやウオールマートで売ってるとおもう。


IMG_1594.jpg

空港に着いてダンボールを組み立てる写真をみてもらうとわかりやすい。
底が抜けないようにしっかりテープで固めよう。
上は箱が開かないようにテープで固定。
あとは余ったテープで、ダンボールの外側をビニールテープでぐるぐる巻きにする。ダンボールが破けにくくなる。


もしテープがたりなくなったら、箱を閉じる程度なら空港で貼ってくれるとおもう。
実際、空港で箱をあけられたあとテープでしっかり包装してもらっている。
外装に油性ペンで 「BICYCEL」「↑UP」「↑THIS SIDE UP」を側面にでかく書こう。


IMG_1593.jpg

そして自転車を分解して入れるわけだが。前輪を外したフォークは非常にもろい。
アメリカにはそこらじゅうにフリーペーパーがあるので、2部ほど拾ってきて折りたたみ丸め
なんとなくフォークの幅より少し大きい程度の長さしフォークの間に差し込む。

当然ジャスフィットすれば楽なのだが、
ながけければ棒状になってるペーパーを床にこすりつければ、簡単に削れて短くなる、それで調整しよう。

IMG_1592.jpg

テープで固定する。

IMG_1591.jpg
シャツは2着もってるとおもうで、着てない方のシャツでフォークの先端をカバーしよう。
あとは出発とおなじように入れ テント、寝袋、エアマットをいれる。
あいた隙間には フリーペーパーをくしゃくしゃにしたやつを詰める。
フリーペーパーは10部ぐらいでいいとおもう。

フリーペーパー大活躍。
取り外したキャリアのネジなどは自転車のキャリア取り付け部分につけて直しておけば無くならない。


日本に帰るだけなので、かえってしまえば多少潰れていようがどうにでもなる。
あまり気にすることは無いだろう。
わたしの自転車はどこも潰れることもなく無事帰国できた。



長くなりましたが。自転車包装については出来るだけ書いたつもりです。
玄人からしたら馬鹿げた方法なのだろうけど
素人の感覚のほうが玄人より参考になる部分がおおいとおもいます。





最後に、

往復とも大韓航空を利用したのですが、行きも帰りも自転車の運賃は無料だった。
電話で確認したときは行きも帰りも200ドルと言われていた。
行きは重さの超過分100ドル支払った。
職員が自転車についてよくわかってないのか、もともと無料なのか。はっきりしていない。

行きも帰りも無料だったので、たぶん無料なのだろうとおもうが、
変更もあるだろうし電話で事前に確認したほうがいいだろう。
スポンサーサイト
amzon.co.jp
プロフィール

一乗寺

Author:一乗寺
自転車でLA~NYの走行を夢みる30代のおっさん。
英語はわからん。
出発2012年5月21日。

2012年7月31日帰国。自転車でアメリカ横断達成。
アメリカ滞在期間71日間
総距離3738マイル/5980キロ


コメントは拍手ボタンかメールフォーム。

blogランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。