スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ35日目 Bristow→Chelsea

2012.06.26.11:06


より大きな地図で 35日目1BristowからChelsea を表示


より大きな地図で 35日目2BristowからChelsea を表示

走行距離 約88キロ

とにかく暑い。
40度は超えてるんじゃないという暑さだ。尋常じゃない。
頭はくらくらするし、喉もやたらかわく。
全然つかれてないのに暑さのせいなのか、たまに自転車の乗り降り時や押してるときに膝が折れる。

しかも、後輪が初パンク。長いワイヤーが突き刺さりチューブが貫通し2箇所も穴が開いていた。
パンクは、これで3回目。
3回とも、タイヤの厚みに関係なく貫通してくるような物だけだ。
こんなもん、どんなタイヤでも防げない。
はっきりいって700x32Cで十分なんじゃないかとおもう。
現在使用中の35Cはでかすぎる気がする。

どっからともなく、犬の吼える声がし、猛烈に追っかけてくる。
このルートで2度遭遇する。

スピードを上げても落としても一定の近距離で追いかけてきて吼えまくるだけなので、大丈夫だった。
数百メートルは余裕でついてくる。

たぶん噛み付いてくるときはリアのサイドバッグを狙ってくると思う。
ちょうどリアのサイドバッグのすこし斜め後ろあたりぐらいを走ってついてくる。

夕方になるほど日差しは猛烈に暑くなる。
日没は大体21時には暗くなる。


今日は野宿かと覚悟していたが、運良く宿があり泊まることにする。
この宿はとてもフレンドリーな夫婦だった。


IMG_0662.jpg
線路がすぐよこにある。

IMG_0663.jpg
ここの近くのSHOPでロードバイク集団が走っていた。

IMG_0665.jpg
タイヤのパンクを修理してるときに、声をかけてくれた女性。
なにを言ってるのかさっぱりわからないけど。助けはいりますか?という感じだった。
道端でパンク修理してると、なにかとよく声をかけてくれる。親切な人が多い。

IMG_0668.jpg
宿の主人。
沢山と町の説明をしてもらえたが、さっぱりわからなかった。申し訳ない。
なんどもゆっくり話して頂いた。すごい丁寧な夫婦。
IMG_0671.jpg
この宿は43ドルTAX込みでWIFIあり。すごく綺麗。
歩いてスーパーマーケットにいけるし、サブェイもあってすごく快適だった。
数多くとまったモーテルの中では上位に入る。

レコロ動画
自転車アメリカ横断35日目 Bristow→Chelsea

スポンサーサイト
amzon.co.jp
プロフィール

一乗寺

Author:一乗寺
自転車でLA~NYの走行を夢みる30代のおっさん。
英語はわからん。
出発2012年5月21日。

2012年7月31日帰国。自転車でアメリカ横断達成。
アメリカ滞在期間71日間
総距離3738マイル/5980キロ


コメントは拍手ボタンかメールフォーム。

blogランキング
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

訪問者数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。